議会・行政へ

30人学級実現・私学助成拡充・教育費の無償化で、子どもたちにゆきとどいた教育を

 

■国の責任で30人学級の実現を■

【学級編成基準の現状】

2011年4月、義務標準法に記載されている小学校1年生のクラス人数が

40人から35人に改正され、1年生は1学級35人になりました。

翌年は法改正を行わず、加配措置で小学校2年生の36人以上の学級を解消。

政権が変わった2013年度は、35人以下学級の前進を見送り、翌2014年度には

1959年に第一次定数改善計画が開始されてから初めて、教職員定数の

「10人の純減」を実施しました。

 

【30人学級の効果】*クラスの人数が少なくなると*

◆先生と生徒、生徒同士のコミュニケーションの機会が増え、子どもたちの

 豊かな人間性がはぐくまれます。

 不登校が減ったり、いじめなどの問題が早期に解決されやすくなります。

◆先生が子どもに関わる時間が増えます。

 子どもが「分からない」と言ったときに、一人ひとりに対応できます。

◆授業の質が変わります。

 先生が子どものつぶやきを拾って返す対話型の授業ができ、学習が深まり

 ます。40人では、教師からの一方方向な授業になりがちです。

◆パーソナルスペースに余裕ができます。

 子どもたちの心身のゆとりにつながります。特に、思春期の中学生には

 大切です。

 

■私学助成拡充・教育費の無償化をすすめて■

【高すぎる教育費】 

 幼稚園/公立:約 66万円 私立:約146万円

 小学校/公立:約183万円 私立:約854万円

 中学校/公立:約135万円 私立:約389万円

 高  校/公立:約116万円 私立:約289万円

 大  学/公立:約273万円 私立:約528万円

  *学習費総額(授業料・その他学校納付金・学校外活動費などを含む)

  *文 部 科 学 省「子どもの学習費調査(H24)」

  *日本学生支援機構「学生生活調査報告(H24)」

 すべて国公立でも約800万円、高校から私立だと約1200万円

 (下宿費・居住費など除く)

 

■スクールソーシャルワーカーを増やして■

 子どもたちが困難を抱えているとき、子どもを中心とした援助をするのが

 スクールソーシャルワーカーの大切な役割です。

 福岡県で7名、福岡市は24名配置されています。

【署名にご協力ください】

国内に住んでいる方ならどなたでも、また、同意が得られれば

代筆でもかまいません。

この署名簿は、目的以外には使用いたしません。

日本国憲法第16条により「何人も、平穏に請願する権利を有し

請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない」と、請願権は保証されています。

私たちの切なる声を国会・県議会に届けましょう。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now